みんなに優しい作物づくり

食べる人も作る人も安心の農作物づくり
食の安全が重要視される今、消費者の皆様はご自身で食べられる作物がどのように作られているのか気になると思います。
各農家で様々な取り組みを行っておりますが、特に注目されるのが農薬使用です。農薬は適切に使用していかないと、作物を食べた方の身体に蓄積していく可能性があります。

まったく同じことが、作物を作る農家自身にも当てはまります。農薬を散布する際、少なからず作業者の身体にも蓄積してしまうのです。
健やかに生きるための「食べる」「作る」という活動の結果、体調を崩してしまっては意味がありません。

最低限の農薬を使用すること自体は致し方ないですが、極力減らす努力をしていく必要があると考えています。

減農薬を目指して

SKファームの大根畑必要最低限の農薬で済むように、タイミングと量を調整しています。
例えば大根は、種植えの際に消毒として使用し、残留しないよう量を加減しています。

すでに、秋田県鹿角市の農地では、そばを無農薬で生産しています。

SKファームでは、農薬要らずの土づくりから取り組んでいきます。

詳細はこちら 農家にも健康な土づくり

わたしたちが目指すもの

みんなに優しい作物づくり農家も商品を考える時代未来の農家を育成